読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オハナと私とあなたと世界

イシカワサオリという人のブログです。脳内をちょぼちょぼ文字にしていきます。

カラオケ行きたい

今日はバイト中、「8時間くらい耐久カラオケ祭りしたい」ってずっと考えてた。
そんなお母さんけっこういるんじゃないかなと思って、みんなでキッズルームとったりして実現できないかなとか色々考えてみた。私の頭の中そんなもん。
ふふふ。

 

というのも、私の友達からこんなメールが。

 

「生きることに飽きたよ(´д`)」

 

疲れたの間違いでは?

と送ると、

 

「疲れるほど頑張ってないからな\(^^)/

人生30余年、もう十分ですわ(=´∀`)人(´∀`=)」

 

ハイターッチ!じゃないよー。

なんでそんなこと言うんだよー!!

 

そうだ、とにかく楽しいことしよう!

こいつはカラオケ(特にアニソン)大好きだったはず!

 

とにかくカラオケ行こう!!

 

 

 

 

「それだ!!!」

 

 

 

おい。そんなに深刻な話じゃなかったのね。よかったよ。ほんとに。

 

でもきっとそんなもの。

仕事が辛くても、何か楽しみがあったら人生いくらでも暇つぶしできるって。

一番は誰かのそばにいること。

一人でいるとロクなことにならない。

 

子育てしてると孤独になりがちで、とにかく誰か家にいてくれるのが嬉しくて。

毎日ご飯作るよ!誰か来て!!

っていつも思ってたな〜〜。

 

そうか。カラオケか。

子供いると特に行けない場所ですね。

カラオケとか、あと漫画喫茶。

 

好きな人にはね〜〜。

辛いのよね〜〜(=´∀`)人(´∀`=)ハイターッチ!

 

なので、そいつとカラオケに行って、次にママさんのためのカラオケ大会企画したい。

いいね。今年の目標。

 

食の断捨離

毎日毎日、3食ご飯を食べるのが億劫で仕方がない。

バランス良く、食べ過ぎず、栄養は必要量とる。

そんな神業的なこと毎日出来てる人いるんだろうか。

 

若干完璧主義なところがあるので、出来ないと思うと、途端に行動が崩れる傾向にあります。

もうどうでもよくなるというか。

しかし、うちには2歳のチビもいるし、食はやっぱり健康の基本なので、どこかで帳尻を合わせないといかんですな。

 

そう考えて栄養の勉強してみました。

そして候補に上がったサプリメントを摂るという選択肢。

サプリメントは本当にいいのだろうか。

この粒々が食事と同等の栄養素になりうるのか。

最初は疑問と不信感満載。

そんで栄養のこと、勉強するとなると面倒ですよね。

いろんな情報がありすぎて、これはこれに効くとか、ダイエットにはこれがいいとか、じゃあどれが一番いいのか!ってなるとよく分からない。

 

面倒なんですけど、面倒なんですけどね。。。なんかハマる瞬間が訪れます。笑

 

商品ごとに効能を調べるのは途方もない作業だし、断捨離何度やっても終わらない。

やっぱり基本をしっかり勉強するって大事だなと思いました。

細胞が60兆個、1日に100個の新しい細胞ができるのですが、その原材料こそが食事で。

人間は何でできているか。

それがわかれば、後は素材の質、経済面と相談して決めればいいことなのでたくさん商品を試すことは無くなりますね。

全体像がわかって、細かい名前は覚えきれないけど、要はこれで体のこの部分がこう作られるのね!ってのがわかると、なんか楽しいのは私だけかもしれないけど。

 

要はバランスが大事ってこと。

そしてサプリメントはすでにバランスがとれてるってこと。

飲むだけ、超簡単!

 

添加物なし、有機素材を使用して、素材のみの栄養素で必要量を賄っているものが好ましいですが。

商品を選ぶ段階ではもうお財布と相談ですな。

昔は安くていいものってあっただろうけど、今の日本に安いとロクなものない。

そこそこかかるサプリ代。

 

食費が家族三人3万だとしたら、半分サプリ代になってまう。

それでも1日3食整えることに時間と労力を取られるよりはいいのかもしれない。

今はやりたいことがあって時間の優先順位が高いので。

1日2食でサプリで補う、お腹が空いたら干し芋とオニギリで乗り切る。

そんなところで落ち着きそう。

 

合わなかったら断捨離するまで。

 

完璧はないので、ゆるゆるとやってみます。

断捨離マニアになりそう。

断捨離とは、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。

ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引く。「断捨離」はやましたひでこ個人の登録商標である(第4787094号)。

 

By Wikiペディア。

 

 

断捨離って意外に新しい考え方だったんですね。

どっかのお釈迦様とかそんな次元の教えだと思ってました。

 

というわけで、我が家にもやってきました、断捨離ブーム。

去年の年末に引越しをしまして。

それをきっかけに火がついたという、単純っちゃ単純。

プラス、今年の目標として、自営業、バイト以外での収入を上げていこう〜という目標に向かって、生活の見直しを始めたところから勢いが増したでしょうか。

部屋の家具の位置、収納を見直すところから、夫婦関係の再構築、お互いの役割を見直したり。

断捨離の考え方すごい。

人生で何かにつまずいた時、なんか仕事や人間関係にやる気が起きない、うまくいかない時など、この考え方に基づいて見直してみることをお勧めします。

風水にも通じるところがあるのかな。

風と水。

風通しのいい環境を作って、水(湿気が)が余分にたまらないように、そう考えると風水は呪いなんかではなくてとても筋が通ったことなんだなと思うのです。

 

というわけで、我が家の断捨離ブームはもうしばらく続きそうです。

いらんもの出てきたら、必要な方にお譲りしたり、逆に断捨離で流れてきたものにあやかったり。

流れを止めない。

物もお金も人も。

そんな風にして生きていきたいと思うのでした。

 

断捨離じゃー断捨離。

大事だな〜と思ったこと。

断捨離とは、必ずしも捨てることではなくて、人との付き合い方、関係性、物の使用用途などを根本から考え直す。再構築するという考え方だそうです。

 

それって棚卸しですよね。

ビジネスでは定期的に棚卸しをして、ビジネスの見直しをします。

棚卸しはやってやりすぎることはないと思います。

時間があればですが。

逆を言えば、自分のビジネスを成功させたいなら最低限の棚卸しの時間は確保するべきでしょう。

そして今流行りの断捨離。

なんで流行るかというと、現代の人にこそ必要だから。

物がありすぎ、考え方もありすぎ、人との関係性もありすぎ!

それによって起こる煩わしさに時間と心労をかけてしまう生活。

ビジネスで言ったらリスク、ロスが多すぎる!

なので断捨離は大事!

断捨離を正しく理解して、より客観的な目線ですることも大事!

そして心に常に素直であることも大事!

 

 

大事だな〜って思ったことでした。

 

ネットワークビジネスに思うところ

これはあくまで私の個人的な見解で、メリットデメリット、立場や目線、何も整理しないまま気の向くままに綴っております。

雑談と思って読んでくださいませ。

 

 

 

ネットワークビジネス、日本ではマルチ商法とも呼ばれるビジネスモデルですが。

マルチ商法という言葉が生まれる前、この方法でたくさんの人を騙しお金を搾取した事件がありました。

俗にいうネズミ講ですね。

その事件によって法的に規制され、ネズミ講マルチ商法となって現在もたくさんの会社がこの商法を採用しています。

合法だけど使い方を間違えるととたんに違法になってしまうとても難しい商法です。

…と私は思います。

法的にすごく際どい話なのに、口コミで広がるから余計にややこしくなるんですよね。

特に扱ってる商品がサプリメントなんかだと、もっとビジネスとして資格や制度を設けた方がいいんじゃない?

ってくらい際どい。

健康、生死に関わる話ですよ。

 

いろいろ問題もあるんですがね。

でもね。

これってスモールビジネスで考えたらものすごく効率のいいビジネスモデルだなと思うんですよ。

ある程度の能力(知識、技能、資本的に)とある程度のマーケットである程度の収入を得ましょうよ。

って考えたらぴったりの方法なんじゃないかなと。

下の人を食い物にするイメージがありますが、そもそも資本主義のビジネスで全員が成功するビジネスはありますかいな?

お金は有限で、日々いろんなところを移動してるだけなんですよね。

その流れに乗っかる手段ですよね、お金って。

電車のキップみたいなものかな。

電車に乗ってる間は安定。

降りたらサバイバル!

極論、お金がなくても生きていける人はお金いらないんだよなーと。

ごはん作れない人はお弁当代。

ご飯作れる人は材料代で済む。

野菜まで作れる人は苗代で済む。

苗まで自力で調達するならタダです!

 

話はズレましたが。

スモールビジネス、イコール、自分のできることで少しだけまわりをハッピーにするビジネスと解きましょう。

するとネットワークビジネスマルチ商法はとてもいい手段のように思えます。

 

しかしまぁ、元はネズミ講なんですよね。

そこですよね、ひっかかりは。

人を騙す手段だったというわけですよね。

 

心理カウンセリングの知識も諸刃の剣といいます。

手段として悪用することもできてしまう。

ビジネスをする。

ならばあらゆるリスクに対応することが大事。

マルチ商法をいい方法と思って利用する。

だけどそれがどんなリスクを孕んでいるか。

これは絶対に理解しておいて欲しいところです。

自分もな!

 

何がいいたいかというと、面白いビジネスなのに、参入障壁は低いはずなのに、心理的にものすごくハードル高いなー、なんかいい方法ないかなーという話でした。

 

 

 

 

なんかピピンときたのだけど

どの部分にピピンなのかわからない!

私が他の人のこと助けますね、誰かが私のことを助けてくれますね、これがみんなにそれぞれ助ける人と助けてもらえる人といたら最高だと思って!

ネットワークビジネスのいいところはきっとそこなんですけどね。

日本じゃなかなか受けませんよね。

それもわかる。

ネットワークビジネスがいい〜って話ではなくて、自分のこと大事にすることができないけど他人のことはよく見えるし大事にできるぜ!っていう人多いと思うので、みんないたちごっこのように助け合えばいい!と思ったのでした。

忘れないようにダーーーッと書いたから意味わからん。

また整理します。

チビの迎えに行かないとだーーー!

私はうるさい人になるのか?

他人に対して、良くも悪くも無干渉。

来るもの拒まず去る者追わずに徹してきたつもりですが。

ここにきて、ビジネスをするということは去る人をとっ捕まえて話を聞けーということになるのかと、悶々としております。

でも話は自信をもっておすすめできる話なので聞いてほしいんです。

今そんな葛藤をしています。

これを消化せずには私のライフスタイルも、ビジネスも先に進めないのでは。

みんながみんな好きなことして、好きな時に集まって、お茶飲む場所。

を作る。

最高の理想はそこなんですよね。

じゃあ理想の場所で、無理なく、来た人に私のオススメする話をできたらいいのかな。

つまり私が私らしく、私のタイミングで話をする場所を作ればいいのかな。

なんかいい方向に消化できるといいな〜。